mini trip

旅行の記録とちょっとしたお役立ち情報

ベネチア・フィレンツェでの外食

      2017/06/17

ベネチアは超観光地で物価が高いため、これは食べとかな!という定番メニューだけ外食し、後は自炊をしてやりくりしました。(自炊についての記事はコチラ
また、楽しみにしていたバーカロ巡りについては別記事にしましたので、コチラをご覧ください。

5日間と短い滞在期間となりましたが、食べたもの、お店の情報、金額などを詳しく記しましたので、ベネチア旅行を計画されている人の参考になれば良いなと思います。

地元の人がオススメする、ベネチア名物 イカ墨パスタ

AI PROMESSI SPOSI 02ベネチアに着いて最初のランチは、楽しみにしていたベネチア名物のイカ墨パスタを食べに行きました。
出来るだけ地元の人が食べに行ってそうな店をネットで見つけたので、宿のオーナーさんに「この店行こうと思ってるんですけど」と相談すると、オーナーさんもお客さんにいつもオススメしている店らしく、迷わず入店。

このお店のメニューは手書きなので、解読が難しかったです。アルファベット自体が読めない。。。
イカ墨パスタのイタリア語→「spaghetti al nero di seppia」だけは覚えていたのでなんとかなりました。

料理が来るまで、テーブルに置いてあるグリッシーニとパンを、ワインと一緒に食べながら待ちます。
ワインも分からないので安いのを適当に選びましたが美味しかったです。
グリッシーニは美味しかったけど、パンはパサパサでいまいちでした。

イカ墨パスタは、生臭い感じは全くなくてとても美味しかったです。
旅行前にサイゼリヤで食べたものとは全然違いました。値段も3倍位違いましたが。

イカ墨パスタも美味しかったのですが、分からないメニューの中、適当に頼んだムール貝とボンゴレの蒸した物(?)が、めちゃくちゃ美味しかったです。

AI PROMESSI SPOSI店名:Osteria Ai Promessi Sposi
注文:イカ墨パスタ(12ユーロ)、ムール貝とボンゴレの蒸した物(12ユーロ)、赤・白ワイン(各4ユーロ)
合計金額:32ユーロ(約4,352円)

フィレンツェ名物 ランプレドットパニーニ

Panini e Vini di Nante 01フィレンツェでは、ドゥオモのクーポラに登るために朝から3時間も並んでいたので、ゆっくりランチをする時間がとれず。。。
並びながら食べれる物をと思い、ドゥオモの近くのお店でパニーニをテイクアウトしました。
せっかくなので、フィレンツェ名物のランプレドット(牛の第4胃)を挟んだものを選んでみました。

塩コショウたっぷりの、喉が渇く味付けでした。
すごいボリュームだったので、2人で分けて充分でした。

お店のお姉さんが「唐辛子入れる?」と聞いてくれたのですが、言葉が分からず困っていたら、舌出して辛い~って顔でジェスチャーしてくれて、とっても可愛かったです。

Panini e Vini di Nante 02店名:Panini e Vini di Nante
注文:ランプレドットパニーニ
金額:3.5ユーロ(約476円)

ドゥオモを眺めながら食べる、今イチのティラミス

IMG_20150502_142847_本当はCaffetteria delle Oblateという図書館内のカフェに行きたかったのですが、運悪くこの日は休業していたので、デパートの屋上にある、ドゥオモのクーポラを眺めることが出来るカフェに行きました。

ガイドブックにも載っているからか満席でしたが、少し待つと一番眺めの良い場所に座ってる人が席を立ったので、すかさずゲット。特等席に座れました♪

ガイドブックには、「ドルチェがおすすめ」と書いてあったのでティラミスを頼んだのですが、大失敗。
カスタードクリームの塊にチョコチップが乗ったもので、本当にこれがティラミス??って感じで美味しくありませんでした。

値段も高いしお会計も遅いし、あまりオススメ出来ませんが、景色は本当に素晴らしかったです。

Caffe' La Terrazza 01店名:Caffe’ La Terrazza
注文:ティラミス(7ユーロ)、カプチーノ(4.5ユーロ)、CAFFE FREDDO(5ユーロ)
合計金額:16.5ユーロ(約2,244円)

1,000円超えの ビックマックセット

bigmac夜は、フィレンツェからベネチアに戻る列車内で食べました。
フィレンツェのサンタマリアノヴェッラ駅のマクドナルドで買ったビッグマックセットと、駅のバールで手に入れたハイネケン。
売店とかにはビールが売ってなかったので、手に入れるのにちょっと苦労しました。

金額:ビッグマックセット×2 16ユーロ(約2,176円)、ハイネケン×2 7.4ユーロ(約1,006円)

地元で人気のピッツェリア

Trattoria Pizzeria Casa Mia 02宿のオーナーさんオススメのピッツェリアに行ってみました。
ピザ生地がけっこう固めだったのが私はあまり好みじゃなかったけど、味は美味しかったです。

ピザの種類がめちゃくちゃ多くて、悩みました。
ここのメニューは英語の説明があったので注文しやすかったです。

他の店では無かったのですが、この店だけレシートに、copertiと書かれた席料とサービス料10%がプラスされていました。

Trattoria Pizzeria Casa Mia 01店名:Trattoria Pizzeria Casa Mia
注文:魚介とトマトのピザ(9ユーロ)、キノコと肉のピザ(8ユーロ)、ビール小×2(6ユーロ)、席料×2(2ユーロ)サービス料10%(2.5ユーロ)
合計金額:27.5ユーロ(約3,740円)

運河沿いのテラスでランチ

Ristorante Diana 03最終日は良く晴れたので、運河沿いのテラスでランチがしたいということになり、バーカロめぐりをしたお気に入りのエリアに行きました。
店の前に置いてあるメニューを一通りチェックした後、良心的な値段だったこのお店に決めました。
パスタは味は濃いけど具沢山ですごく美味しかったです。

Ristorante Diana 02ここで、ずっと食べたかった魚介のフリットを食べれました。
サックサクで本当に美味しかったです。

ベネチア最後の食事だったので、欲張って色々頼んだら、ランチなのに結構な金額になってしまいました。

Ristorante Diana 01店名:Ristorante Diana
注文:ボンゴレパスタ(10ユーロ)、魚介トマトパスタ(12ユーロ)、魚介のフリット(16ユーロ)、チーズ盛合せ(6ユーロ)、スプリッツ(4ユーロ)、ビール(5ユーロ)
合計金額:53ユーロ(約7,208円)

イタリアといえばジェラート☆

Gelateria Ca' d'Oro 03ベネチアに着いてからずっと気温が低くて食べる気のおこらなかったジェラートですが、やっと最終日に晴れて気温が上がったので、食べることが出来ました。

有名な「GROM」もありましたが、大阪でも食べれるため、ここにしか無さそうなお店を選びました。

暑かったのでさっぱりした味が欲しくなり、キウイとヨーグルトを注文。
運河を見ながら食べるジェラートは、とっても美味しかったです。

Gelateria Ca' d'Oro 01Gelateria Ca' d'Oro 02店名:Gelateria Ca’ d’Oro
注文:ジェラート(2スクープ/キウイ、ヨーグルト)
金額:2.5ユーロ(約340円)

まとめ

とにかく物価が高く、日本みたいに1,000円以内で食べれるランチは見つからず、ちょっとしたランチでも4,000円位の予算がかかりました。
安くすまそうと思うとパニーニをテイクアウトするしかない感じでした。

レストランで食べる料理はどれも美味しく(塩気は強かったですが)、高いのに不味いということはなかったので良かったです。
シーフード中心に食べていたからか、和食が恋しくなることも全くなかったです。

パンはカチカチパサパサ系で、美味しそうなパン屋さんがなかなか見当たらず残念でした。どこかにあったのかなあ。
いつかまた訪れたいと思ってるので、ベネチアの美味しいパン屋さん情報をご存知の方はぜひ教えてください!

 - 1505イタリア

  関連記事

brano-lae01
手芸好きにオススメ! ブラーノ島のレース博物館

ベネチア本島から北東の方向に船で約40分ほど行くと、ブラーノ島というカラフルな家 …

トラベルマルチクッカー
ベネチアは物価が高いので、トラベルマルチクッカーで自炊してみた

旅行前に下調べで色んなブログを見ていたら、ベネチアの物価がめちゃくちゃ高そうだっ …

スーパーの生ハム
ベネチアでお世話になったスーパーマーケット

物価の高いベネチアでは、スーパーマーケットに大変お世話になりました。私たちはカン …

AL Timon 03
ベネチアでバーカロをはしごしてみた

ベネチアに行ったらやりたかったことの一つが、バーカロでオンブラを飲み歩くことでし …