mini trip

旅行の記録とちょっとしたお役立ち情報

ベネチアは物価が高いので、トラベルマルチクッカーで自炊してみた

      2017/06/17

トラベルマルチクッカー旅行前に下調べで色んなブログを見ていたら、ベネチアの物価がめちゃくちゃ高そうだったので、食費を抑えるために自炊をしてみようと思い、トラベルマルチクッカーという海外で使える電気調理器を買って持って行きました。

旅行前は、美味しいパンを買って、インスタントスープでも飲んどいたらいいやんと思ってたのですが、美味しそうなパン屋さんが全く見つからず。
結局パスタを茹でたりリゾットを作ったりしたので、このお鍋はなかなか役に立ちました。

また、部屋に冷蔵庫は付いていませんでしたが、キッチンの冷蔵庫を使わせてもらうことが出来たのと、電気ケトルも貸していただけたので、とても助かりました。

自炊1回目: パスタを茹でる

スーパーで買った夕飯初日のディナーはお部屋で自炊しました。
食材は全て、Conadというスーパーで購入しました。

赤ワイン(2.49ユーロ)
ラグーソース(2.69ユーロ)
パスタ(0.99ユーロ)
お惣菜2種類(タコのサラダ/イワシのマリネ)(5.21ユーロ/1.72ユーロ)
生ハム(2.99ユーロ)
合計16.09ユーロ(約2,188円)

パスタを茹でる調理したのはパスタだけ。とっても簡単です。
このお鍋、水から沸かすと結構時間がかかる様なので、宿からお借りした電気ケトルで沸かしたお湯を、マルチクッカーに移して使いました。
パスタが太いため、15分ほど茹でます。
茹でてる間はワインと生ハムを頂いてました。
ワインは激安でしたが、ちょっと渋くて今イチでした。

パスタ完成パスタが茹であがったら、パスタソースをかけて出来上がり。
パスタソースは電気ケトルにお湯をはって、ビンのままポチャンとつけて温めました。
このソース、お肉も野菜もしっかり入っていてとても美味しかったです。
パスタソースはもっと種類が豊富かと思っていたのに、他にはトマトソース、ボンゴレ、バジルくらいしかありませんでした。

マスカルポーネデザートにはティラミスをと思っていたら、蓋をあけるとマスカルポーネ(イタリア原産のクリーム・チーズ)でした。
写真に騙された!パッケージの文字読んでなかった。

自炊2回目: 野菜を茹でたり、インスタントリゾットを作ったり

スーパーで買った夕飯23日めのディナーもお部屋で頂きました。
このあたりから、野菜が無性に食べたくなってきたので、冷凍野菜を買って茹でました。
また、インスタントのリゾットも気になったので食べてみました。
後は昨日の残りのパスタに昨日と違うメーカーのラグーソースを合わせてみましたが、昨日のソースの方が具沢山で美味しかったです。
激安ワインが今イチだったので、少し高い物を選びました。といっても900円位ですが美味しかったです。

赤ワイン(6.66ユーロ)
冷凍野菜(ブロッコリー・カリフラワー・芽キャベツ)(2.6ユーロ)
マヨネーズ(0.98ユーロ)
シーフードリゾット(1.91ユーロ)
ラグーソース(1.95ユーロ)
合計14.1ユーロ(約1,917円)

冷凍野菜を茹でるこの鍋、意外と大きいので、冷凍野菜1袋全部茹でることが出来ました。
野菜とマヨネーズスーパーで買ったマヨネーズは味が薄いので、めちゃくちゃ量を使います。

リゾットを作る次にリゾットを作りました。
作り方が分からなかったので、適当に水を入れて作ってみました。

リゾット出来上がり時々米の固さをチェックしながら、なんとか美味しく出来上がりました。
鍋底にめちゃくちゃコゲがこびりついてしまい焦りましたが、一晩水につけておいたらある程度スルッと取れました。

自炊3回目:インスタントリゾット

リゾットとティラミス最後の自炊は4日目のランチです。
昨日と違う味のリゾットを作りました。
それからやっとまともなティラミスを食べることが出来ました。
スーパーで買ったものですが、フィレンツェのカフェで食べたものよりずっと美味しかったです。

ポルチーニ茸リゾット(1.91ユーロ)
ティラミス (1.62ユーロ)
ビール(0.85ユーロ)
その他昨日の残りの野菜など
合計4.38ユーロ(約595円)

ビールイタリアで有名なモレッティというビール。あっさりと飲みやすかったです。

ポルチーニ茸リゾットポルチーニ茸のリゾット。インスタントといっても生米から作るので、時間がかかります。

まとめ

5日間の滞在中、自炊したのは3回で、部屋食の合計金額は約4,700円になりました。
今回は5日間と短い滞在のため、全て外食をした場合と比べて1万円ほどの節約でしたが、1週間以上の旅行となると大分差が出てくると思います。

次にまた物価の高い国に行くことがあれば、マルチクッカーを持っていこうと思います。
また、思っていたより気温が寒かったため、部屋で暖かいものが食べれるというのは本当に有難かったです。
おかゆとかも作れるし、お腹のトラブルに悩まされた去年のトルコ旅行の時に本当に欲しかったです。

電圧を切り替えて日本国内でも使えるので、出張が多いサラリーマンの方にもオススメします。
袋めんが丸ごとすっぽり入るサイズなので使い勝手が良いし、蓋部分には湯切りがついていて便利です。
普通にお湯を沸かすだけにも使えて、四角形なので注ぐ時もこぼれない様になっています。
本当によく考えられた設計になっているなと感心しました。

 - 1505イタリア

  関連記事

AL Timon 03
ベネチアでバーカロをはしごしてみた

ベネチアに行ったらやりたかったことの一つが、バーカロでオンブラを飲み歩くことでし …

スーパーの生ハム
ベネチアでお世話になったスーパーマーケット

物価の高いベネチアでは、スーパーマーケットに大変お世話になりました。私たちはカン …

brano-lae01
手芸好きにオススメ! ブラーノ島のレース博物館

ベネチア本島から北東の方向に船で約40分ほど行くと、ブラーノ島というカラフルな家 …

Osteria Ai Promessi Sposi 02
ベネチア・フィレンツェでの外食

ベネチアは超観光地で物価が高いため、これは食べとかな!という定番メニューだけ外食 …